読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらげ.com

日常をつらつら書きます。内輪な内容が多いと思われます。

ティム・バートン展

f:id:kanonhoshizora:20150402090535j:plain


そういえばティム・バートン展行ったこと書いてなかった

写真特に撮ってないんでないですすみません

では書きます



3月15日に大阪、グランフロントにて開催されているティム・バートン展に行ってきました

チケットはコープで前売り券買ってたから、
普通に前売り券買うよりもう少しだけ安かったです

さて 入り口

大好きなティム・バートンの世界を見に行くのです

ドキドキワクワクが止まらない

もぎってもらい、いざドアのなかへ

入ってまずすぐ目に入るのはグルグル渦巻きの床

ちょっと飲み込まれてきます

展示してある作品をザックリまとめると

ティム・バートン氏の紙ナフキンに描いた絵から(これはコーヒーシミなどがあったりしてクスッとなります)

メモ帳、普通の紙、キャンバス、ビロードなどに描かれた絵

フランケンウィニーなどの人形達(ビクター超可愛い)

映像作品(人多すぎてあんま見てないです)

写真(チワワの可愛いのがありました)


こんな感じです

ちょっと間あいちゃったから忘れてるとこもあるかもしれないけど

大まかにはこんな感じです

絵はどれも好みでした、イイッ

様々な画材が使われており『ほう、ほ、ほう、へー』の連続でした

特に好きというか、これ良いなぁと思ったのはビロードに描かれた絵です

ビロードに描いちゃうのがすごいな

紙と全く違う見え方です、当たり前ですけど

うん、あれはス〜っと吸い込まれました

美しかったです


人形はビクターとブギーさんがよく頭に残っています

ビクター、可愛いね、好き、家来ない?


ブギーさんは躍動感と細かさに『ワァーすごい!』とテンションがすごく上がりました

ブギーさん、前は良いけど後ろホコリにまみれてたので掃除してあげてほしいです


映像をのぞく作品達をじっくり見て

脳にこびりついたのは『オイスターボーイの憂鬱な死』です

これは詩集です

絵とともに詩も展示されていて

シュールさに惹かれました

だからこの詩集は購入しました

なんとも言えないシュールさ、時折刺さるものもありおもしろいです

おぬぬめです


19日までやってるので興味のある方、是非行った方がいいです

濃い時間が過ごせます(私の場合は二時間と少し)
















この展示を見に行ったメンバーは私とユマとあーc

モモエはライブがあったので欠席でした


いつも通りあーcは遅刻

でもそんなに遅れて来なかったのでわりとスムーズにいきました

ユマと鶴橋で待ち合わせし、環状線に乗りかえ行きます

この日私は冬がそろそろ終わるなぁということで赤ロリで参上

電車ではロリータファッションについて少し話たりしました

あとモモエんとこのバンドネームについても話したりしました

六人メンバーで県外に出たことはありますが、

実は女子班だけでは初めて(モモエいないけど)

県外に出ないという田舎者丸出し感である

ノープランで動くことに定評がある女子班

ある意味どたばたしてました

まぁそれが女子班


ティム・バートン展→お昼ご飯→水曜日のアリス日本橋アニメイト

というような回り方をしまして

心斎橋から日本橋までヒールで歩いたので足が死にました

日本橋、こゆいですね

初めて行ったんですが、アニメイト近辺になるともう"アニメグッズ"のやま

疲れてないときに来たかった…

ここならハンターハンターのグッズあるかもと思いました、どうなんでしょうか?

にしても、アニメイト広い!

奈良の何倍でしょう!!??

楽しい時間が過ごせました

またちゃんとした装備で来たいと思います



ではでは