読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらげ.com

日常をつらつら書きます。内輪な内容が多いと思われます。

景色ひとつまみ

f:id:kanonhoshizora:20161207214456j:plain

 

匿名で秘密というのは自由だなぁと思った。

そのためにあるのが鍵アカウントかぁと思ったけど、そこでもまた不自由がでてきて...とめんどくさいね

 

ということを考えていたのも、日頃思ったことをストレート書く場所が減ってしまったということ

 

インスタグラムは限られた情報、FBは綺麗事を並べることぐらいしかできなくて

じゃあTwitterか?と、しかしTwitterももう自由度は高くない

 

ちょうどたくさんを感じて、たくさん思うことが出てきた時期で

 

自問自答でたまりつつあったから、どこかへ書きたかったのだけど

難しい

 

とはいえブログは公表していても見る人は少ないなということで軽く書こうかなと思う

 

 

 

人付き合いについて考えていました

やっぱりぶつかるよね、人間関係問題って

 

私は、自分のもっている感覚と、自分が求めていることにギャップがあって悩んでいますしかもそれもまた考えが混在していて、

どうしたいの?という状態

 

まぁ9月をぬいて5ヶ月に突入

 

きたばかりの環境でそんなことを考えるのは早いのでは、と思ったりもする(とは言いつつもこの生活は残り3ヶ月)

 

けれど歳ももう10代最後にさしかかっていてそこまで柔軟じゃなくなっているというか

 

こんなことを言っていると怒られたりするんですけれども...

 

人を見て接して「違う」と思った時めんどくさくなるようになってしまったんです

 

多分、高校から1人に慣れすぎたのかもしれない

 

とはいえいつも近くには附中生がいました

 

またか、と思った

 

 

また、附中生と比べているのか

 

同じ人間が何人もいるわけじゃない、というか同じ人間なんかいない

 

そうやっていて何になるんだろう

 

何にもならないよ

 

あまり考えないようにしていたけど

 

もしかしたら私はけっこう寂しいのかもしれない

 

消耗して、消耗するだけで、補うものはほんとはなかったのかもしれない

 

こういう気持ちで駅なんかのたくさんの人がいるところに出てみる

 

するともちろん、たくさんの人がいます

 

けどこれらは他者でしかなく、それを目の当たりにしていると、強く孤独を感じたりする

 

結局は1人なのかなぁと

 

でもそんなことはなく、ここにいないだけでしかない

 

それが寂しいか

 

SNSはいい子で悪い人だよ

 

まぁよく言われていることだけど。

 

大丈夫だと思っていたけどそれはあまくて、埋められるものがないから、見ないように見ないようにして

 

その消耗に耐えて尽きる前に帰る

 

友達という面で寂しかったり足りないものを埋められるものはなかった、と今はそう感じている(恋人という面では恋人しか満たせないから触れません)

 

でも人付き合いに再度絶望するようなことは、もうしないでほしい

 

より良い環境と、そして人を求めて出てきました

 

友達がほしくて出てきました

 

意味のある半年にして帰らなくちゃ

 

成長して足をつけなくちゃ

 

以前とは違う姿勢で歩かなくちゃ

 

とびきりの笑顔で会わなくちゃ